タイプ別の選び方

カップル

たくさんある大人のおもちゃの中で、女性に指示され続けている道具がバイブです。
そのバイブの選び方について説明します。

■バイブの選び方
バイブには小さいものから、大きなものまで様々の大きさがあります。
バイブを販売している通販のサイトなどでは、大きいほうが絶頂に達しやすいという情報を流しているところもありますが、実際大きいからといって感じやすいというわけではありません。
特に日本人の女性の膣というのはあまり大きくありません。
ですから大きすぎるバイブを買ったとしても、挿入するのは難しいと考えられます。
初めてバイブを使用する場合は大きいサイズのものではなく、小さいサイズから始めた方が無難です。

大きさでバイブを選ぶのも大切ですが、自分が感じる場所によってバイブを選ぶ方法があります。
基本的に女性が感じる部位というのは、クリトリス、子宮の奥、Gスポットなどが多いです。
そういったことを考えて自分に合ったバイブを選ぶことが大切です。

クリトリスの刺激を求める場合は、そういった目的専用のバイブがあります。
クリトリスへ振動を与える道具と膣へ挿入するバイブが一緒になったような道具です。
このバイブは初心者でも安心して使用することができます。
基本的にこのバイブを初心者に向いているので、強い刺激が欲しいという人はあまり向いていないです。

子宮の奥を突かれたいという人は長いバイブがぴったりです。
長さだけではなく、亀頭の形をした部分が回るのでさらなら快感が得られます。
それだけではなく、同時にクリトリスを刺激して、まるでクンニしているかのような快感もあります。
このタイプは子宮、クリトリス、膣、といったあらゆる所に刺激が加わります。

Gスポットに刺激が欲しいという人は、反っているバイブが良いです。
Gスポットというのはおへそ側の膣内にあるので、真っ直ぐのバイブでGスポットを刺激するのは少し難しいです。
Gスポットは開発されていない女性もいるので、感じる人、感じない人がいます。